働き方改革とデジタル変革(DX)とは

2020年6月に働き方改革とデジタル変革をテーマにした簡単なプレイブックを公開しました。コロナウィルスの影響で企業のIT活用/デジタル化が一段加速している昨今の情勢を踏まえて、中身の完成度よりもスピードを優先しているため、内容的に物足りない方もいらっしゃると思いますが、今後続々とアップデートを掛けていく予定なので、是非購読登録していただければ幸いです。


さて、そもそも働き方改革やデジタル変革 = DX(デジタルトランスフォーメーション)とは何なのか、この辺りをきちんと整理しておかないと、企業内での改善活動も片手落ちになりがちですので、本ブログにて弊社の考察をお伝えしたいと思います。


働き方改革の文脈でテレワーク導入が騒がれていますが、それは本質的ではないと思います。もちろんオフィスで働くことから在宅ワークに変わることは大きなインパクトではありますが、実はこれまでもやろうと思えばやれた内容でもあります。コロナ禍によってそのことが「やっぱりそうだった」と分かっただけとも言えます。


とはいえ「真の」とか「本物の」といった形容詞をつけると、少し語弊があり、2000年代からテクノロジーの進化スピードが加速度的に高まっており、とりわけ2019年頃からはグローバルでのテクノロジー活用予測が半年程度でガラッと様変わりするほどになっているので、あくまで「現時点の」という枕詞がすべてに付随してしまいますことをご容赦ください。以下、現時点の本質的な働き方改革、およびDXについて考察を述べたいと思います。

働き方改革とは、ジェネレーションZ世代の台頭と本格的なDXの普及に備えた企業構造改革の布石である

ジュネレーションZという言葉をご存知でしょうか。戦略コンサルティングのA.T.カーニーが発表した消費者世代の考え方で、ジェネレーションZはGAFAが物心ついたころから存在しており、情報はスマホ等でいつでも検索でき、SNSで即座に人と繋がれることが当たり前の世代を指します。


2000年始めにミレニアル世代の到来が叫ばれましたが、ジェネレーションZはミレニアル世代以上に既存の世代と思考様式・行動様式が大きく異なります。例えば平均的な集中力の持続時間は、ミレニアル世代が12秒であったのに対して、ジェネレーションZ世代は8秒に短縮されています。彼らはあらゆる物事が「事前定義された透明性の高いプロセスで構成されるサービス」として提供されていることを好み、自身も属人性の高い固有スキルを向上させることよりも、革新的で拡張性のあるサービスを構築することに高い興味を示します。

※ジェネレーションZの詳細についてはJETROの考察レポートが良く述べられています。

https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2018/ec095202b7547790/ny201810.pdf